前へ
次へ

就業中に怪我をして医療機関にかかる場合

就業中に怪我をしてしまい、医療機関にかかるということもあるかもしれません。
仕事の内容によっても異なってきますが、受診をする際に健康保険証を使わないという場合があります。
労災認定されることもあるので、その場合には健康保険での支払いができなくなってしまいます。
医療機関側で判断をするということはあまりないようなので、自己申告をしなければいけません。
もしも労災認定されなかった場合のことを考えて、労災だということを報告しないという考えを持っている人もいるようですが、それは法律違反となってしまうので、隠すことはできません。
就業中の怪我の程度にもよるようです。
労災認定された場合には、自己負担もないので高額医療費がかかってしまうかもしれなくても不安に感じることはありません。
支払の手続きなど面倒に感じることもあるかもしれませんが、法律で定められていることなのでどうしても避けることはできません。
報告しない場合には罰せられることもあります。

Page Top