前へ
次へ

抗がん剤を処方する医療従事者を知る

がんの治療の一つとして抗がん剤による治療があります。
三大治療の一つとされ、外科手術、放射線治療と並ぶ医療的措置の一つになります。
患者ごとにがんの状態が異なるので、それに合わせた抗がん剤を処方して患者はそれを服用などして治療を行って行きます。
手術に比べると楽なように感じますが、長期的に副作用を受け続けるときもあり逆に負担が大きくなるときもあります。
ではこの抗がん剤を処方する医療従事者は誰になるのか知っておいた方がいいかも知れません。
外科手術による治療を受けた時には外科医が行うことがあるでしょうが、本来抗がん剤による治療を行うのは抗がん剤治療の専門医である腫瘍内科医が担当する必要があります。
もちろん外科医でも一定の処方は行えますが、腫瘍内科医の方がより的確な抗がん剤の処方が行えます。
さらに薬剤師にも専門資格があり、抗がん剤に精通している人が医師に提案をするときがあります。
その医療機関に抗がん剤を扱う専門家がいるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

Page Top